十勝港のライトロックフィッシュ釣行

 

皆さん、こんにちは

 

毎日行きたい釣りですが、仕事の荒波をかいくぐり行くもんです。

ところが、人によっては僕以上に釣りに行ける環境で生きていらっしゃる方がいるのも事実で

うらやましい限りです。

 

先日も、コソッと平日に行くと計4台も車が居まして・・・

まぁ、地元の釣り好きや僕みたいにようやっと来れたのが重なっただけの方等でしょうが

釣り場にいけるというだけでもこのご時勢、良いと考えるのがいいんでしょう

 

それはさておき、いつものJAZZの尺ヘッドダート5gをセットし、ワームはお気に入りのダイワのソードビーム桜ドットグロー

 

 

 

 

 

 

 

この組み合わせで様似港のクロソイを百投百釣の経験がありますので、ついつい最初に使ってしまいます

が、本当によく釣れるんです

しかも、タダのタダ巻きで!

コレが嘘じゃない!

というか、この組み合わせで、初めてタダ巻きで釣れる!まずは、表層からタダ巻き!

という雑誌等でよく読む、釣り場でのローテーションというのが本当なんだ!と感じさせてもらえた組み合わせ!

騙された、と思って組み合わせて買ってもらっても問題ありません!

 

ちなみに、明るい時間帯はソードビームの煌クリアが魚が馬鹿になったのかと思うぐらい釣れます

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ダイワ(Daiwa)】月下美人 ソードビーム 2.2 煌クリア
価格:446円(税込、送料別) (2020/5/20時点)

 

 

 

この煌クリアは、ルアーデザイナーりんたこ氏いわく「朝夕のマズメ期の光量が少ない時に爆発的に釣れる!」と言っていますが

明るい時間帯全体に効果的だと思います

室蘭と、羅臼の漁港でサイトフィッシングでガヤのヒットが止まらず、ワームの動きなどを確認しながら魚の反応を観察し続けたことがあります

 

 

それはさておき、夜の十勝港

個人的にはナイトゲーム最高の組み合わせで始めたのですが、反応がありません

おかしいなぁ〜

と、思いながらテトラ沿いを攻めると藻に好かれてしまい、そこから逃れる為にあおっていると藻とは違う生体反応を一瞬感じる

が、やっぱり藻を持ち上げている感覚がそのままあるので、????と思いながらもう一度藻を避けると、ラインの先が明らかに大きい

何も無ければワームがなんとか見えるだけの暗闇の中、見えたのは黒い大きな物体・・・

魚やんと思ったら着水して暴れられるwwwww

なんとか近づけ、釣れると思っていなかったのでタモ無しでぶりあげると、27cmのクロソイさん

 

ありがたい今シーズン最初の魚はクロソイでした

30cmを超えない個体はそっと海に還しました

 

が、次が続かない・・・

 

30分は投げ続けたと思うんだが、無反応・・・

今思えば狙いどころを間違え続けていたとは思うのだが、全く反応が無く、お気に入りの組み合わせは藻に好かれて最終的に持っていかれた

最初の1匹に満足していたのだけど、ジグヘッドの付け替え

ワームをINX.labelの稚魚シャッド ベイティフラッシュイエロー2.3インチに切り替える

 

 

 

実は選んだ理由はシンプル、ジグヘッドとのセットがあったからwww

今までの実績はほとんど無し・・・

が、この日は違った

 

ソードフィッシュと同じように投げていて、小さな小さな当たりを感じる

コレは!と思い、先ほどは反対側のテトラ沿いを狙ってみると小さな当たりがコツコツっと来る

焦らず、強めにクッと咥えられた瞬間にロッドを起すと15cmぐらいのかわいいアイナメ・・・

小さいとはいえ今シーズン最初のアイナメですが、丁重にお帰りいただきました(お父さんお母さんを呼んできて〜と)

その後、そういえばと思い出し大物が釣れたポイントに投げ込みタダ巻きを繰り返すと面白いように数釣りが楽しめる

1時間ぐらい楽しい時を過ごさせていただきました

 

 

しかし、ワームの形状というより、個人的には環境の違いの色合いだと思うんですが、それでは終わらなかったのが今回の釣行

その後にプラグを使って見るとまた違う思いが出てきたので次回はそちらも記入していきます

 

ブログ村に参加しています

良ければクリックをお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

Ikora | 釣り | 22:33 | comments(0) | - |

十勝港のライトロックフィッシュ開幕

 

みなさん、お久しぶりです。

コロナ対策も、少しづつですが、感染能力が分かってきたので有効な対策が打てるようになってきていますね

ただ、気をつけていきましょう。

 

そんな中、今シーズン初めて釣りに行って来ました。

こちら十勝は有名曲「襟裳岬」の歌詞の如く「何も無い春」と、釣りに厳しい環境です。

それを知るまで2年ぐらい、ガソリンを無駄に流し、僕はドライブを楽しんだのさ・・・

と自分をごまかして帰る3,4月を繰り返しました。

 

最近は十勝港に行くのはどんなに早くてもGWを過ぎてから!

と、決めていますので、そんなボウズは経験が減ってきてはいるのですが、

今年はコロナ禍の影響でより遅い出陣となりました。

でも、人がいそうな時間帯は外すと考えると、夜釣り、ガヤ・クロソイ狙いで行こうと

で、いつもの夜釣りポイントに行く前に昼間に50cm越えのアイナメを釣ったポイントを探るが

無反応・・・

 

あれ?昼間にもガヤがつれるときがあるのになぁ〜

生物の気配が無い・・・

20分弱粘るが全く反応が無い・・・

あとで分かるが、この日はジグヘッド+ワームでは無かったらしい

この場所ではジグヘッド+ワームしか試さなかったのでプラグを試せば良かったと少し後悔

 

で、夜釣りポイントに移動。誰がやったのか分からないが、街灯の海側カバーが割れている場所

この場所でガヤ、クロソイを連発してきたのだから

この日も期待できると信じて釣り出す

 

この夜はワームの色で釣果が変わってくることを実感する

 

 

ブログ村に参加しています

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

Ikora | 釣り | 12:26 | comments(0) | - |

ハードルアーに魚が食いつく理由が!

 

皆さん、こんにちは

 

コロナで必要以上に外に出歩かない日々を過ごしておりますが、

頭の中は遊びで一杯です

ジグやプラグでどうやって魚を釣るのかを考えています。

ハードルアーを有効活用できるとなると釣行あたりの消耗が減っていきますしね

繰り返し使えるというのは、エコでもありますし

 

そんな僕ですが、去年までは魚がハードルアーに食いつくのが理解できませんでした

特にジグ!

なんであんな金属の棒に魚が喰いつくのか?

理解が不能でした

 

ある日までは!!

 

去年の今頃漁港で夜釣りをしていた・・・夜にキャスティング練習をしていたら(つω-`)

黒いモヤが動くように小さな魚達の群れがいます

これは、サケの稚魚か!!と思い、時間もあったのでヘッドライトを照らすとやはり稚魚が群れています

凄いもんですね、黒くなるほどいるんですからどれだけの数が居るのでしょうかね

 

ここから大海に躍り出て数年かけて戻ってくるのかぁ・・・と思いながら眺めていると

(てか、最近の研究では母川に遡上するのに1〜6年と幅ができてるみたいですね

とくにオスは早熟なものが把握されているみたい・・・)

ふと群れの動きに法則性があることに気付きまして、

普段のロックフィッシュだとライトが当たると岩陰に逃げるんですよ

さすがに明るいと自分が見えているということに理解をしているんでしょう

が、

稚魚たちは違いました

よくよく観察しているとヘッドライトに向かって行く集団がいます

それに追随して大部分が動き、8〜9割の稚魚が追っていきます

が、1〜2割は集団が動いても動かず留まっています

ライトに反応するグループは照射している場所に向かって猪突猛進です

それは、10分ぐらいずっと追いかけていましたね

多分ライトに当たったプランクトンやアミを見つけて食べに行っているんだと思うんですが

結構体力あるんだなぁっと思いながら観察していました

 

そのときに気付いたんですよ、端っこでヨタヨタと泳いでいる1匹に

光を直接当てると他の稚魚が来るので光の端に残しながら観察していると

何が原因か分からないけれども明らかに弱っているのが分かります

その動きに余計目が釘付けになっていきます

 

よく見かける幅広のジグの水中での動きにそっくりなんです

タダ巻きすると結び目を中心としてヘラヘラと動くのを皆さんがみた記憶があると思うんですが

あの動きそのまま!

なんなら、フリーフォールのときに大きく振れるように落ちて行くのにも似た動きをしているんです

あの動きを見たなら、ジグに魚が喰いついて来る理由が分かります

 

そして、ブレードチューン!

フラッシングが!とか言ってますが、よくよく見ると動きが弱った小魚のフラフラとした動きに似ているんです

あのクルクルと回っているように弱った稚魚も動くんです

 

あの日以来、ハードルアーに信頼を置くようになって、プラグゲームも楽しむようになりました

プラグゲームもジグゲームも行ってみるとあんなにも楽しいものとは思いませんが、

やはり、動きが上手くなっていないんでしょう、釣れるときが少ないんですよ

まぁ、とはいえまだまだ初心者ですので

精進精進

 

 

ブログ村に参加しています

クリックいただけると幸いです

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

Ikora | 釣り | 00:33 | comments(0) | - |

ハードルアーに魚が食いつく理由が!

 

皆さん、こんにちは

 

コロナで必要以上に外に出歩かない日々を過ごしておりますが、

頭の中は遊びで一杯です

ジグやプラグでどうやって魚を釣るのかを考えています。

ハードルアーを有効活用できるとなると釣行あたりの消耗が減っていきますしね

繰り返し使えるというのは、エコでもありますし

 

そんな僕ですが、去年までは魚がハードルアーに食いつくのが理解できませんでした

特にジグ!

なんであんな金属の棒に魚が喰いつくのか?

理解が不能でした

 

ある日までは!!

 

去年の今頃漁港で夜釣りをしていた・・・夜にキャスティング練習をしていたら(つω-`)

黒いモヤが動くように小さな魚達の群れがいます

これは、サケの稚魚か!!と思い、時間もあったのでヘッドライトを照らすとやはり稚魚が群れています

凄いもんですね、黒くなるほどいるんですからどれだけの数が居るのでしょうかね

 

ここから大海に躍り出て数年かけて戻ってくるのかぁ・・・と思いながら眺めていると

(てか、最近の研究では母川に遡上するのに1〜6年と幅ができてるみたいですね

とくにオスは早熟なものが把握されているみたい・・・)

ふと群れの動きに法則性があることに気付きまして、

普段のロックフィッシュだとライトが当たると岩陰に逃げるんですよ

さすがに明るいと自分が見えているということに理解をしているんでしょう

が、

稚魚たちは違いました

よくよく観察しているとヘッドライトに向かって行く集団がいます

それに追随して大部分が動き、8〜9割の稚魚が追っていきます

が、1〜2割は集団が動いても動かず留まっています

ライトに反応するグループは照射している場所に向かって猪突猛進です

それは、10分ぐらいずっと追いかけていましたね

多分ライトに当たったプランクトンやアミを見つけて食べに行っているんだと思うんですが

結構体力あるんだなぁっと思いながら観察していました

 

そのときに気付いたんですよ、端っこでヨタヨタと泳いでいる1匹に

光を直接当てると他の稚魚が来るので光の端に残しながら観察していると

何が原因か分からないけれども明らかに弱っているのが分かります

その動きに余計目が釘付けになっていきます

 

よく見かける幅広のジグの水中での動きにそっくりなんです

タダ巻きすると結び目を中心としてヘラヘラと動くのを皆さんがみた記憶があると思うんですが

あの動きそのまま!

なんなら、フリーフォールのときに大きく振れるように落ちて行くのにも似た動きをしているんです

あの動きを見たなら、ジグに魚が喰いついて来る理由が分かります

 

そして、ブレードチューン!

フラッシングが!とか言ってますが、よくよく見ると動きが弱った小魚のフラフラとした動きに似ているんです

あのクルクルと回っているように弱った稚魚も動くんです

 

あの日以来、ハードルアーに信頼を置くようになって、プラグゲームも楽しむようになりました

プラグゲームもジグゲームも行ってみるとあんなにも楽しいものとは思いませんが、

やはり、動きが上手くなっていないんでしょう、釣れるときが少ないんですよ

まぁ、とはいえまだまだ初心者ですので

精進精進

 

 

ブログ村に参加しています

クリックいただけると幸いです

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

Ikora | 釣り | 23:09 | comments(0) | - |

キャンプ・釣りが人気だからこそ

 

みなさん、こんにちは

 

外出自粛の中で集近閉を避ける行動を皆さんが取っていると思います

十勝は初期に1名が感染者になってしまった以降は落ち着いているのですが、

僕の職場でもお客様カウンターの消毒を始めました

自分達で拡散防止できることを少しづつ行って行くことが大切なんだなぁと

実感する思いです

 

そんな中、こんな記事を見つけてしまいました

「GWの十勝キャンプ場満杯」(北海道新聞社さんのHPです)

正直、十勝のキャンプ好きのみなさんが予約して楽しむのなら、三密避けて楽しんで

だけなんですが(もちろん日常の手洗い消毒、うがいもね)

やっぱし不安に感じるのは札幌等から来る遠征組

アウトドアなんだから、三密じゃない!とは思うんですが

コロナウイルスが人に付いて移動するのが明確なのを鑑みると

来るな!とは言えないけど、本音は自分の地域で楽しいで欲しいなぁ

という思いです

 

十勝だけを考えると、コロナ感染者を発生させないというのが

一番のコロナ対策になっていますからね

 

かたや本州ではサビキ釣りセットを持参した家族連れが漁港に増えているという話も

聞きますし

その話では撒き餌のゴミ袋を放置して帰っている姿を見たとも言っていました

全員が全員、そんな人とは思えはしないのですがね・・・

 

アウトドアの良さを再確認していただけるとありがたいことではあるのですが

結果、キャンプ場や釣り場が集団感染の舞台になったりしてしまうと悪名が無名を駆逐してしまいますし

また、現行マナー楽しんでおられる方が地元の人たちに一括して排除されてしまう恐れも

考えればいくらでも悪く考えていってしまいます

 

なにはともあれ、全てが良くなることを願わんことです

 

 

ブログ村に参加しています

クリックをお願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

Ikora | 雑記 | 21:20 | comments(0) | - |

キャンプチェアにも快適を!

JUGEMテーマ:キャンプGEAR

 

みなさんこんにちは

 

なかなか寒さが抜けない4月ですよね

北海道に限れば昨日は良かったのですが、今日も一桁の気温予想ですし

キャンプするにしても対策を超えた寒さは快適ではなく苦痛になってしまいますし

一部の人はその苦痛を楽しんでいるみたいですが・・・

 

僕は対策して、快適に過ごすキャンプが好きです

過去にシルバーウィークの時期にマットレスを忘れてキャンプして体調を激崩して

寝込んで仕事を飛ばし、結果10連休を作ってしまった過去がありますので

あんな苦しいことにならないように快適性を求めるキャンプを目指すようにしています

 

で、キャンプに行ったときにほぼ使うのがチェア!

デイキャンプで焼き台しかなくてもチェアが有るか無いかだけで快適性が段違い!

そんなチェアですが、大体がシート部分は布製・・・

軽量化のために結構薄いシート状になっているのもあるぐらい

たとえば、スノーピークのチェアで観たとしても下記に並べたとおりみんなからだと接触する部分は

布地になっています

 

 

 

 

 

 

 

 

また、コールマンのチェアを見てみたとしても下記のとおり体と接触する部分は布製

コールマンさんはピンキリありますがそれでも布製

 

 

 

 

 

コールマン最高値のコンフォートマスターシリーズでも布製・・・

 

いや、皮製を作れという意味ではなく、全てが布一枚というところを言いたかったんです

椅子の下はすぐに空気

学生時代の貧乏時代から幾度と無く経験した夜の底冷え

そう、着込んでタープ下の宴会に参加してもどこからか底冷え

焚き火を囲んでの宴会を行っていてもどこからか底冷え

 

そうなんです、実はチェアの下、お尻から冷気が届いているんです

何とかしたいなぁ〜と貧乏時代に考えていたときに友人のチェアを見ているとスノピのチェアに

ムートンカバーを付けているんです!こんなの↓

それをみてこれだぁ!!と思ったのですが、そんな高いものを買えません

しかも、その頃チェア自体を買い換えようと検討していた時期でしたので

当時のチェア専用に近いカバーは買えないなぁと考えていました

 

そうした中、当時(15年前)はネットサーフィンがそこまで趣味では無かったので地元のアウトドアショップで

ブラブラと物色していたらこんなものを見つけました

 

 

 

 

あのサーマレストの座布団!

ま、当時はまだソルの技術が無かったんですが、Zライトの技術を使った座布団が!!

しかも聞いてみると売れないらしく30%ぐらい値引いてくれるというじゃないですか!

と、即決で購入

いいものを買ったなぁ〜と早速キャンプで使いました

 

まぁ、なんて快適なのでしょうか!座布団とはいえ薄地ですのでチェアのシート形状にフィットするので

友人のチェアを勝手に使用するときでも使えますし(コラッ)

シート形状に沿うということは座り心地にはほとんど影響ありませんので快適です

しかも、一番の問題点だった冷気の遮断に関しては完璧といって良いほど!

買ったときにうれしくて友人みんなに味わってもらったほど!

全員が全員、コレはいいね!と言っていました

なんですが、断熱するのは尻の下だけなんですね〜

背中も温かくとなったらまた別の方法が必要なんですが、それはまた別のお話

 

で、こちらのアウトドア用座布団のいいところは携帯性が良く、断熱性が良いのが利点

なので、最近は行えませんがスポーツ観戦の時にも抜群に良いかと思っています

 

ちなみに、ワカサギ釣りにも相性が良くて、必需品のごとく荷物確認時に入れています

僕の場合踏み台を椅子にしていますのでプラスチックの板一枚より断然に温かさをもたらしてくれます

マジで無いと困るものになっていて、友人とワカサギ釣りした時に貸したら

寒くて寒くて・・・ 友人を誘う側ですのでキャプテンスタッグの安い座布団を購入しようかと

思ったぐらいです

 

もし、安さだけを求めるなら、キャプテンスタッグが下のように色々と出しています

 

 

 

 

 

 

 

 

これらが安くて良いですよ!特に一番下のは友人が使っており、安くて温かいのは実証済み!

思い返せば、ホーマックでワカサギシーズンになれば2つ目のシルバーサブトンを山ほど見かけていましたね

2つ目は収納性に難がありますが温かいでしょうね

ただ、個人的にはデザインが好きじゃない・・・

 

もし自分がこの後もう一個買うとしたら、こちらを選びます

 

 

 

 

よりコンパクトになり、しかもより断熱効果が高いもの

で、シートゥサミットのバルブシステムの撤収時の高効率性を経験している身としては

使った直後にさっと片付けられるのは楽ですよね

実際欲しいんですが、現状に困っていない状態でモノを増やすのはどうかなぁと思う身ですので

購入だけはしていません

 

 

ブログ村に参加しています。クリックいただければ幸いです

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

Ikora | キャンプ | 23:41 | comments(0) | - |

噴火湾のタコってルアーでどうやって釣れるの?

 

みなさん、こんにちは

 

前回の記事でも書きましたが、北海道の一部の港内ではタコをとることができます

僕の拠点から一番近いのは「えりも漁港」ですね

十勝沿岸は全滅なのでタコを釣りたいなら遠征が必須です

 

でも、石狩湾新港ではタコを狙いたくないですよ

え、なんでって?

日本海側ってミズダコいるじゃないですか!!

ミズダコ

タコ類最大の巨体を誇る

体、吸盤ともに非常に大きい

体長は足(腕)を広げると3-5m、体重も10-50kgにもなる

カラストンビは人の握り拳大ほどもあり、これで餌であるカニの甲羅や貝の殻を咬み砕く

体のほとんどが柔軟な筋肉であるため力が強く、巨大な個体に絡まれたら人間でも危険である

 

調べたら東北以北、太平洋側にもいるんですね

でも、タコ食べたい・・・いや、捕ってみたい・・・

 

タコマンマ食いたい・・・

 

噴火湾で釣れるとしたら、ミズダコかヤナギダコ

ヤナギダコが釣れたらタコマンマが!

 

ということで、釣ろうと考えるとミズダコのサイズを考えるといつものロックフィッシュ用ロッドだと

重さに負けてしまう

インターネットで検索を掛けるとGTを狙うロッド使ってる人とか、シマノの最強延べ竿ボーダーレス

などを使っている方々ばっかりが検索されます

しかし、そんなもの持っていないんですよね〜というか、これらの強靭なロッドは本格的に大物を狙ってる人しか持っていないだろうなぁw

しょうがない、いつかヒラメ、ブリにと思って買っていたジギング用ロッドでなんとかがんばってみっよ

 

てか、ラインもPE1.5号までしか持っていない身としては対加重が持たないような・・・

いや、そんなサイズは無理w というか勘弁して欲しいw

もっと太いラインを買っても良いんだろうけど、今の体制ではそこまでは必要ないのでとりあえずはそのまま

リールだってシマノの3000番台しか持っていないし、今後のこと考えてヴァンキッシュのC2500SXGを買おうかと思ってるぐらい

大物用が手元に無いんだよなぁ

 

問題はルアーだな

地元のおじさんが使っていたのはこちらのようなタコジグだったけど

コレが正解なのか?大き目のタコが付いてもフックがもつのだろうか?

船釣りの動画で見たタコ餌木の方が良いのかなぁ・・・

わからんw

 

とりあえず、分かるのは餌木にしろタコジグにしろタコの目の前でピョコピョコ動かして興味を持たせて

針を抱かせることが重要というのは動画を観ていて分かります

あと、ミズダコは結構サイトフィッシングで狙うものなんですね

何箇所かウェブサイトとyoutubeを観たのですが、どこも船から沖堤防の壁際を目で探して釣っていました

それで10〜30kgオーバーのミズダコが居るって言うのもある種恐怖ですがね

 

とりあえず、ハリミツさんのタコ餌木買って挑戦しに行って見ようかなぁ〜

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加しています、クリックがやる気になります

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

 

 

Ikora | 釣り | 17:39 | comments(0) | - |

噴火湾でタコが釣れる!?

JUGEMテーマ:釣り(ソルトウォーターフィッシング)

 

みなさんこんにちは

 

先日のんびりしていたら、ルアーでのタコ釣りが流行りだそうで

専用ロッドまで出てるぐらいですから

 

 

 

 

テイルウォークさんがすごいがんばっています

 

で、なんで急にタコの話をしだしたかというと、どこかのHPでタコ釣りが流行っているというのを見たと同時に

過去に噴火湾のある漁港で地元のおじさんがタコ釣りしていたことを思い出したんです

 

時期はいつだったか覚えていないのですが、多分9月とか10月ぐらいだと思うんですが

一人で噴火湾の港に行ったときになんですが、いつもどおりアイナメ釣れないかなぁ〜と思いながら片道4時間弱かけて

10時ぐらいに港に到着してテクテクと外防波堤を歩いていってると

磯竿っぽい結構長い竿を持ったおじさんが防波堤沿いにラインをたらして何かを狙っているんです

僕はちょうど10mぐらい離れたところでのんきにロッドふりふりアイナメちゃ〜んとか思っていながら

おじさんの釣りに興味が感じていました

何を狙って釣っているんだろう?大阪で見たチヌの落とし込み釣りみたいだなぁ〜

という感じで自分のロッドの感度より横目に集中しだしていたところ、おじさんがようやく仕掛けを上げて移動しだしました

なんと、タコルアーをぶら下げているじゃないですか!!

こんなの

もう、心はアイナメじゃなくておじさんに夢中w

心は慌てて、足はゆっくりとおじさんに近づき声掛け

「こんにちは、何を狙ってるんですか?」(タコですよね!!)

「こんにちは、タコだよ」

「えっタコって採っていいんですか?!」

 

そうなんです、実は北海道はタコって全域漁業権が設定されているはずなんです

という情報を持っていたので今まで控えていました

が、おじさん普通に釣っています

「地元なんですか?この港ってタコとっていいんですか?」

「良いと思うよ。地元だけど今までは釣ったことも狙ったことも無かったんだ」

(え?どういうこと???)

「先週若者が2,3匹釣ってるのを見て狙ってみてるんだ〜」

 

なんということでしょうw

地元の方なのに初めてのチャレンジだというんですが、実績は確認済みだそうです

その後おじさんとはたわいも無い話をした後離れたのですが、気もそぞろとなり

アイナメさんとは出会えずじまいで終わったのは言うまでも無く・・・

ま、ガヤには遊んで貰いましたがね!

 

で、先ほどの漁業権の話ですが、どんな魚種でもそうですが漁業権があるものは釣ったり採ったりしてはいけません

密漁になり捕まります

では、タコはどうなるのでしょうか?

調べました

「海しる(海洋状況表示システム)」

こちらで地図上に漁業権があるか確認できます

入り口をクリックしてレイヤーの水産ー漁業権ー共同漁業権を選択すると確認できます

 

すると確かに北海道全域に漁業権があります

が、なんと一部の漁港内は漁業権が外れています

大きいところだと室蘭港・函館港や石狩新港の湾内には漁業権が無いですよ

無いですよ!

 

ということは、タコ釣りできるじゃないですか

マダコおいしいですよね〜 一度は自分で採って食べたいじゃないですか

タコルアーを買わないとw

 

ブログ村に参加中です。良ければバナークリックをお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

Ikora | 釣り | 05:38 | comments(0) | - |

コロナを知ろう

みなさん、こんにちは

 

誰かが言いました

これは戦争なんだと

コロナという見えない敵との戦争なんだと

 

兵器を伴うホットウォーではないが静かな静かな戦いではある

 

ならば、人類は戦争の歴史である

戦争の為の知識教訓は幾千とある

有名なものは

「彼れを知り 己れを知れば, 百戦殆うからず。

(かれをしりおのれをしれば,ひゃくせんあやうからず)

彼れを知らずして 己れを知れば, 一勝一負す。

(かれをしらずしておのれをしれば,いっしょういちぶす)

彼れを知らず 己れを知らざれば, 戦う毎に必ず殆うし。

(かれをしらずしておのれをしらざれば,たたかうごとに かならずあやうし) 」

 

である

 

つまり、”正しい情報と共に動くこと”が勝利への道である

多くのデマが飛び交っていますが、正しい情報を手に入れ行動できるようになりますように

 

個人的にはこちらの底辺医師だけど、コロナとか発熱とかについてつらつらかたる

という医師からの直言と

コロナウイルス自体を分かりやすく書いた

「SARS-CoV-2」特徴・感染のメカニズム・対策など、サイエンス情報を図解

こちらのHPの情報を読んで行動しようかと思っています。

 

が、何が正しいかは分かりません

 

分かっているのは手を洗いウイルスを殺し、人との接触を減らしウイルス自体に接触しないこと

人から人へうつるのが分かっているのなら、ニュージーランドの警察が言った

こちらが最高の呼びかけかと

訳すなら

「人類史上のことだ

 我々はTVの前でゴロゴロするだけで人類を救うのだ

 失敗は許されない!」

ですかね

 

キャンプや釣りに人が流れているみたいです

キャンプ場が人気になり、サビキセットを持った家族連れが漁港に来ているという話も聞きます

悪いとは言いません。

ただ、手洗いうがい、2m離れる

それと、キャンプ場や釣り場でのマナーを遵守する

みんなでがんばりましょう

 

本当に、みんなで乗り越えましょう

 

 

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

Ikora | 雑記 | 19:23 | comments(0) | - |

ヒーター内臓のベストが寒さ対策のベスト!

JUGEMテーマ:キャンプGEAR

JUGEMテーマ:釣り(ソルトウォーターフィッシング)

 

みなさん、こんにちは

寒いですよね、蓄熱暖房をもう切った僕としては家の中も寒いです

温かさを取るか、電気代を取るか・・・

いやまぁブレーカーから落としてるから着込んでがんばりますが

 

着込むのもフリースやダウンジャケットなど色々ありますが、

この冬の一番良かったのは電熱ヒーター内臓のベストジャケット

 

急激に値段が落ちて手が届きやすくなりましたよね

多くが首元と背中、腰を暖めるタイプで、一部がポケットの辺りというか、腹回りもヒーターが内臓されているタイプになっています

 

 

 

 

 

こんな感じですね

前の記事で上下のジャケットの隙間、腰から冷気が入って寒い思いをした、と書きましたが其の対策の一つとして購入しました

外仕事が中心の友人も同じことを考えて購入をしていました

友人いわく、

  • 外仕事で体を動かさない時間はどうしても着込んでも寒さに負ける(-20℃いく十勝ですから)
  • 物理的に冷気を遮断するには着込みすぎる(-20℃いく十勝ですから)
  • ホッカイロだとランニングコストがかかる上に寒さに負ける(-20℃いく十勝ですから)
  • ホッカイロマグマでも寒さに負ける(-20℃いく十勝ですから)
  • ヒーターで直接温められないか
  • 値段がお手ごろのものも出ているじゃないか
  • 購入!

の流れがあったそうです

ちなみにその友人はヒーターベストに絶大な信頼をしていて、どうみても寒そうなペラペラなアウタージャケットの下にヒーターベストという

スタイルでワカサギ釣りに参加してくれまして

そのワカサギ釣りで釣りの面白さに理解を示してくれましたよ

 

そんな僕が購入したのはなぜか当時半額以下になっていたこちら

 

 

 

 

なんで冬のシーズン前に半額以下になっていたのか理由はわかりませんが良い買い物をしました

シンプルにベストとしてもブレスサーモのおかげで温かいですし、寒さを感じればヒーターをオンにして温かくできる

確かに腹回りにヒーターが無いので体前面側を温められないのですが、それが欲しくなるケースは無かったので

問題は有りません。

一度運転中に間違えてヒーターをオンにしていたときは、シートヒーティング付いてるかと思うレベルで温かかったですね

冬のワカサギ釣り、ガヤフィッシングと使って快適でしたので今後のキャンプでも必ず使っていくものになりました

というか、今日の寒さに家でも使いますよ!

ハードユーザー化しています

 

ブログ村に参加しています。クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

 

 

 

 

Ikora | 外遊び | 19:11 | comments(0) | - |
1/10PAGES | >> |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS